鞍馬寺(くらまでら)

鞍馬寺(くらまでら)

京都府京都市に位置するパワースポットに「鞍馬寺(くらまでら)」があります。創立したのは鑑禎(がんてい)と呼ばれる人物で、社会科の勉強に出てきた鑑真(がんじん)の高弟です。

 

スタミナが弱い人は、山道を歩くことで体力を消耗してしまいます。すると、気を浴びるためにパワースポットに訪れたのに、十分な効果が期待できなくなるのです。こうした理由から、パワースポットを選ぶときは、自身の体力に余裕のある場所を設定することが大切なのです。

 

■牛若丸との関連性
源義経の若年のころの呼び名が「牛若丸」です。牛若丸が修行した地としても有名であり、修行の手助けをしたのが天狗だと言われています。こうした言い伝えにより、鞍馬寺には天狗がいると言われており、「鞍馬天狗」という呼び名も広がりました。

 

■周囲の環境
自然豊かな場所として知られています。真夏の太陽をさえぎる場所も多いので、涼をとりながら道を歩いていけます。紅葉の季節には「紅葉狩り」も楽しめるので、観光スポットとしても評価が高くなっています。

 

ケーブルカー(100円)を利用すると、多宝塔まで手軽に移動できます。

 

■営業時刻
9時から16時30分です。霊宝殿は9時から16時と短くなっているので注意しましょう。霊宝殿の定休日は月曜日のほか、12月12日?2月末までとなっています。

 

鞍馬寺は道場としても信仰されているので、うるさくするのは避けるべきです。そのため、子供連れでのパワースポットとしては適していません。

楽天トラベル情報

楽天トラベルオススメ旅館情報

アドセンス広告