日本三大霊山の一つである恐山

日本三大霊山の一つである恐山

日本三大霊山の一つに恐山(おそれざん)があります。高野山・比叡山と同様に知名度が高く、知らない人はほとんどいないでしょう。

 

パワースポットである恐山には、4箇所の薬湯が設置されています。「薬師の湯」「花染め湯」「古滝の湯(男湯)」「冷抜の湯(女湯)」があります。薬湯に入ると、より多くのパワーを吸収できるとされるので、ぜひ体感してみるとよいでしょう。これらの薬湯の入浴料は、参拝料のなかに含まれているので料金はかかりません。

 

恐山は極楽と地獄が一体となった景色で知られており、さまざまな景色が楽しめる場所です。パワースポットといえば恐山をイメージする人も多く、その影響力がうかがえます。

 

■入山における注意
霊場である恐山は、ほかのパワースポットと比べても特別な存在です。たんに登山する気分で訪れると祟りがあると言われるため、気をしき締めて入山することです。亡くなった人を供養しているスポットなので、しっかりとした心構えを持って訪れたいものです。

 

■開山時期について
5月1日から10月31日になります。冬季は閉鎖しているので侵入できません。開山時刻については、6時から18時までとなっています。

 

強い気を吸収するためには、なるべく午前のうちに到着するべきです。パワースポットは、午後になると気が弱くなると言われています。

 

■恐山大祭
7月下旬に開催されるイベントです。イタコの口寄せはテレビでも有名です。恐山秋詣り(10月初め)でもイタコの口寄せを見られるので、スケジュールを調整して訪れてみましょう。

 

■恐山冷水
若返りの水として知られており、恐山街道から湧出しています。

楽天トラベル情報

楽天トラベルオススメ旅館情報

アドセンス広告