宇佐神宮(うさじんぐう)

宇佐神宮(うさじんぐう)

大分県宇佐市に位置するパワースポットに「宇佐神宮(うさじんぐう)」があります。多くの人が知っているであろう「八幡宮(はちまんぐう)」は、日本全国に四万社以上も設置されています。この総本社が「宇佐神宮」なのです。

 

御殿は三社に分かれており、それぞれ祭神が異なります。祭神は八幡大神(一の御殿)、比売大神(二の御殿)、神功皇后(三の御殿)となっており、応神天皇のご神霊が八幡大神なのです。鍛冶翁の伝承によると、八幡大神が出現したところには霊泉が三箇所あったとされます。

 

上宮・下宮に分かれており、両方お参りしないと「片参り」になってしまい、好ましくないとされます。お参りの順番は、一之御殿(左)・二之御殿(中央)、三之御殿(右)となります。国宝に指定される本殿は、第一殿?第三殿で構成されています。

 

有形文化財指定の「北辰神社」「西大門」「高倉」などもあり、すべて見るとなると数日はかかるでしょう。パワースポットで気を十分に吸収するためには、ある程度の滞在時間を確保するべきです。

 

時間が短いと十分な気を吸収できないのです。時間を確保できないときは、より多くの施設を見渡せるコースを選択するなど、いろいろと工夫してパワースポットを体感しましょう。

 

■参拝時間(上宮門内)
4?9月(5時30分?21時)、10?3月(6?21時)となります。ご祈祷については、9?16時までの受付になります。宇佐神宮のパワースポットは、古代蓮が綺麗になる7?8月くらいが理想でしょう。

楽天トラベル情報

楽天トラベルオススメ旅館情報

アドセンス広告